借地権って何?

借地権というのは、土地を利用する人が土地の所有者に利用料を支払うことで、その土地を借りて利用できる権利です。この借地権には地上権と賃借権に大別されます。地上権は土地の権利の登記を行うことが認められており、地上権の土地上に建っている建物を第三社に売ったりまた貸ししたりすることが可能です。これに対して賃借権は、売ったりまた貸ししたりする際には、事前に土地の所有者による承諾が不可欠です。借地権のマンションの大部分は賃借権ではなく地上権です。これに対して戸建てのほぼ総数では賃借権が設定されています。

借地権借地権の基本となっている法律は改正されており、1992年に借地借家法が新法としてスタートしています。この新法がはじまる前の借地権の基本となる法律は借地法といい、旧法と呼ばれています。新法がスタートする前から存続している借地権に関しては、旧法が引き続き適用となるルールになっています。現存する住宅市場に出ている借地権物件の大部分には、旧法が適用されているのです。

物事は新しいものばかりが注目されがちですが、法律もまた然りです。しかし実際には引き続き旧法が適用されている借地権物件が多いということで、旧法の情報を得たいと思っている人もまだまだ多くいることでしょう。当サイトでは、旧法の借地権の存続期間や、借地権の消滅に関する情報を提供させていただきます。新法との比較をしてみたいという人にとっても有益な情報ですので、興味のある方はほかのページの内容もぜひご覧ください。